太陽光発電の設置会社や電器メーカー

太陽光発電パネルの設置は暑いところがいいという感覚がありますが、あまり気温の高いところでは効率が落ちてしまって、適当に寒い環境のほうがいいということはあまり知られていません。

発電効率と日照量のバランス、冬の積雪の関係などが大きく太陽光発電には関係してくるのです。

太陽光発電の導入が急速に進んでいますが、慌てて設置を検討せず、しっかりと状況をチェックする必要があります。

ちょうど消費税が上がるというタイミングなので、太陽光発電の設置会社や電器メーカーは消費税アップの前に補助金を利用して初期費用を抑えましょうという宣伝をしていますが、それよりは、設置してしまえば10年が償却の目処になるわけですから、納得いくまで導入のメリット・デメリットを考える必要があるのです。

最近の傾向としては、売電だけではなく余った電力を蓄電するシステムも人気です。

Comments are closed.