太陽光発電を実際の住宅で設置する場合

太陽光発電を実際の住宅で設置する場合のシミュレーションは太陽光発電パネルのメーカーなどのウェブサイトや、太陽光発電パネルの設置会社などで簡単に行うことが可能です。

例えば、屋根に設置する場合は方角と設置角度、その住宅の地域の平均日照量などをチェックすることで、かなり正確に算出することが出来るのです。

現在では、太陽光発電の補助金なども自治体から出ているので、初期費用と売電での償却期間は約10年から15年と言われていて、どのような条件で太陽光発電パネルを設置して維持できるのかということが簡単に分かります。

出来れば、複数のメーカーでチェックをしてみて、近所にある施工業者に依頼するのがオススメです。

まず、自治体の補助金は工事が始まってからでは申請が出来ない事に注意をする必要があります。

工事業者が指定されている場合もあるので、まず自治体のサイトをチェックしてみましょう。

発電関連情報≫http://www.jsim.or.jp/kaigai/1111/003.pdf

Comments are closed.